人気ブログランキング | 話題のタグを見る

角替和枝(1954~2018)

角替和枝(1954~2018)_f0368298_00352315.jpg


角替 和枝(つのがえ かずえ)

女優
1954年(昭和29年)〜2018年(平成30年)

1954年(昭和29年)、静岡県庵原郡富士川町(現在の富士市)に生まれる。静岡県立吉原高等学校在学中、演劇部に所属。卒業後、内田栄一と金子正次の劇団東京ザットマンの立ち上げに参加。芝居を始めた後、駒澤大学入学と同時につかこうへい事務所に所属し、劇団「暫」に参加。その後、柄本明が立ち上げた劇団「東京乾電池」に客演を依頼されて出演。このとき、柄本が角替に一目惚れして交際をスタート。大学卒業の年に東京乾電池へと移籍し、1981年(昭和56年)には柄本と結婚した。その前年の1980年(昭和55年)、映画『ヒポクラテスたち』で本格的に女優デビュー。1982年(昭和57年)、NHK連続テレビ小説『ハイカラさん』に出演。1986年(昭和61年)12月16日、長男・佑を出産。1987年(昭和62年)にフジテレビの昼ドラ『いまどきの姑』に出演したが、1989年(平成元年)10月17日には次男・時生を出産した。その後、『腕まくり看護師』シリーズ、『救急指定病院』シリーズ、『コメディー 道中でござる』等の番組に出演し、認知度を上げる。しかし、2010年(平成22年)頃に鬱病を発症。投薬治療を受けて2年で完治した。その間にも、NHK朝の連続テレビ小説『おひさま』に出演し、その後も名バイプレーヤーとして人気を博した。また、2016年(平成28年)よりシニア向けの演劇ワークショップ「和枝さんのお芝居入門」を主宰。その1期生を中心に、「劇団下北あるじょん」を結成した。2017年(平成29年)8月、人間ドックで診断した際にステージ4の癌が発覚。2018年(平成30年)10月27日午前6時27分、原発不明癌のため東京都内の自宅で死去。享年64。


角替和枝(1954~2018)_f0368298_00352305.jpg

角替和枝(1954~2018)_f0368298_00352336.jpg

時代劇・現代劇問わず、口やかましいおばさん役に定評があった角替和枝。本格的にメディアデビューを果たしたのは1980年代に入ってからであるが、程なくして長女、そして現在俳優として活躍する柄本佑・時生兄弟を出産したことから、おばさん女優として地位を確立するのは平成に入ってからであった。そんな彼女の有名な子育てエピソードとして、息子たちが小学生の頃「あんたはマリオやゼルダから何を学んだんだ!諦めない心だろ!!」と本気で叱ったという微笑ましいものがある。名脇役として、まだまだこれからという矢先で癌に倒れた角替和枝の墓は、東京都文京区の十方寺にある。三回忌を経て納骨された墓には「柄本家之墓」とあり、右側面に墓誌が刻む。戒名は「和誉慈演優光大姉」。

by oku-taka | 2023-01-14 00:38 | 俳優・女優 | Comments(0)