人気ブログランキング | 話題のタグを見る

馬場のぼる(1927~2001)

馬場のぼる(1927~2001)_f0368298_10184098.jpg

馬場 のぼる(ばば のぼる)

漫画家・絵本作家
1927年(昭和2年)〜2001年(平成13年)

1927年(昭和2年)、青森県三戸郡三戸町大字川守田字元木平に生まれる。本名は、馬場 登。幼少期は『のらくろ』『冒険ダン吉』などの児童漫画に親しんだ。旧制岩手県立福岡中学校4年修了後の1944年(昭和19年)、海軍予科練14期生として土浦海軍航空隊に入隊。練習機が不足していたため、秋田県北秋田郡上大野村の同隊グライダー訓練基地に転じ、特攻隊員として出撃を待つ間に敗戦をむかえる。除隊後実家に戻り、リンゴの行商人を経験するが半月で廃業。その後、開墾農民を志して兄とともに岩手県の山村に入るも、村有地の払い下げを得られず挫折。大工の見習いを経て、1947年(昭和22年)に故郷で小学校の代用教員の職を得たが、軍歴がGHQに問題視されて失職し(事実上の公職追放)、農業会の書記に転職。やがて代用教員として復職が認められる。これら職を転々とするかたわら絵の勉強を始め、劇団や映画館のポスター、看板を描いた。八戸市近くの米軍キャンプに出入りし、イベントのポスターを描く手伝いをする。そのうちに漫画家を志すようになり、疎開中の児童文学者白木茂と知り合い、白木から大阪の出版社を紹介され、1948年(昭和23年)秋、初の赤本漫画『怪盗カッポレ団』を出版する。1949年(昭和24年)5月5日、白木の勧めで共に上京。すぐに『小学一年生』(小学館)でイラストの仕事を得る。1950年(昭和25年)から『おもしろブック』で連載開始した野球漫画『ポストくん』で、児童漫画家としての人気を獲得する。1951年(昭和26年)、『冒険ダン吉』の作者・島田啓三を中心とした「東京児童漫画会(児漫長屋)」が結成され、後に「児童漫画界の三羽ガラス」と共に呼ばれる手塚治虫、福井英一と入会する。1955年(昭和30年)、『ブウタン』で第1回小学館漫画賞を受賞。その後、少年漫画が「活劇ものが主体となり」「私の体質に合わなくなった」として、1959年(昭和34年)1月、松下井知夫の紹介で大人漫画の作者を中心にしたグループ「漫画集団」に入団。しかし、「それもどうもしっくりこない」と感じ、「漫画と本質的に同じであるうえに絵をたっぷり見せることができる」と本人が語る絵本の世界に飛び込んでいった。1964年(昭和39年)、『きつね森の山男』で産経児童出版文化賞を受賞。1967年(昭和42年)、代表作『11ぴきのねこ』を刊行。11ぴきのねこたちが力を合わせ怪魚を捕まえる物語で。シリーズ全般に子ども向けでありながら、11ぴきいることによる集団心理、団結することによる効果、「とらねこたいしょう」によるリーダーシップなどが描かれている。1968年(昭和43年)には同作で産経児童出版文化賞を受賞した。1970年(昭和45年)、日本経済新聞で『バクさん』の連載をスタート。14年間にわたり連載した。1973年 (昭和48年)、『バクさん』『11ぴきのねことあほうどり』で第19回文藝春秋漫画賞を受賞。1974年(昭和49年)秋、同様のキャリアを経たやなせたかし、長新太ら10人の漫画家とともに、「漫画家の絵本の会」を結成。定期的に原画の展覧会を開催した。1985年(昭和60年)、『11ぴきのねこマラソン大会』でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を受賞。1993年(平成5年)、第22回日本漫画家協会賞文部大臣賞を受賞。1994年(平成6年)、胃癌を発症。以降、入退院を繰り返しながら仕事を続ける日々を送る。1995年(平成7年)、紫綬褒章を受章。2001年(平成13年)4月7日午前6時、胃癌のため東京都練馬区小竹町の自宅で死去。享年73。没後、勲四等旭日小綬章を追贈された。


馬場のぼる(1927~2001)_f0368298_10184005.jpg

馬場のぼる(1927~2001)_f0368298_10184417.jpg

馬場のぼる(1927~2001)_f0368298_10184564.jpg

馬場のぼる(1927~2001)_f0368298_10184255.jpg

馬場のぼる(1927~2001)_f0368298_10184351.jpg

絵本『11ぴきのねこ』シリーズで知られる馬場のぼる。手塚治虫・福井英一とともに「児童漫画界の三羽ガラス」と呼ばれ、放送タレントやテレビドラマの俳優としても活動した。中でも、テレビドラマ『明日がござる』で見せた、凄まじい大根演技と独特の風貌は、作品に強烈なインパクトを残していた。『11ぴきのねこ』についても、「お腹を空かせた猫が魚を食べるために頑張る話を描きたい」という想いから創作をはじめ、ネコは、1匹が大将、あとの10匹が兵隊、「じゅう・いっ・ぴき!」という発音が元気良くて気に入った、などの独特な感性を持つ人であった。口髭と、目深にかぶったチューリップハットをトレードマークとしていた馬場のぼるの墓は、東京都府中市の多磨霊園と青森県三戸郡の法泉寺にある。前者の墓は、宝篋印塔で「走尾家先祖代々菩提」とあり、他に二基の墓、右横に墓誌、墓域入口に「11ぴきのねこ」の顕彰碑が建つ。戒名は、「登龍院徹心法性禅居士」。

by oku-taka | 2022-09-19 10:22 | 漫画家 | Comments(0)