人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大佛次郎(1897~1973)

大佛次郎(1897~1973)_f0368298_22470219.jpg

大佛 次郞(おさらぎ じろう)

作家
1897年(明治30年)〜1973年(昭和48年)

1897年(明治30年)、神奈川県横浜市英町(現在の横浜市中区)に生まれる。本名は、野尻 清彦(のじり きよひこ)。横浜市立太田尋常小学校に入学後、二人の兄が東京の大学に通うために、数か月で東京に転居し、新宿の津久戸尋常小学校に転校。『少年世界』に「二つの種子」と題する作文を投書し、1908年(明治41年)『少年傑作集』に掲載された。1909年(明治42年)、芝白金に転居し、白金尋常小学校に転校。1910年(明治43年)、東京府立一中に進学。在学中にフランス語・英語に親しみ、歴史への関心も芽生えた。1915年(大正4年)、外交官を目指し、第一高等学校第1部丁類(仏法科)に入学。野球や水泳に熱中する一方、歴史と演劇に関心を持ち、箭内亙に東洋史の教えを受けた。知遇のあった博文館の竹貫佳水が雑誌『中学世界』の主筆になった縁で、1916年(大正5年)に一高の寮生活をルポルタージュ風にまとめた小説「一高ロマンス」を連載。生まれて初めて原稿料五十円を貰う。以後、学生時代から各誌に小文を書くようになるが、そのほとんどは本代に消えた。また、校友会雑誌に小説の習作を発表した。1918年(大正7年)、父の強い希望で東京帝国大学法学部政治学科に入学。在学中には東大教授の吉野作造が右翼団体浪人会と対決した「浪人会事件」で吉野の応援に駆けつけた。また、有島武郎のホイットマンの詩を読む「草の葉会」に出席したり、『中央美術』誌に翻訳を寄稿したりした。しかし、一学期分の食費を貰ったら、丸善で手当たり次第欲しい本を買って、本棚に目一杯に並べてしまい、一月もしないうちに使い切ってしまうという始末で、本代のかさむのに窮して本を古本屋に売ったり、雑誌に小文や翻訳、果ては時事解説まで載せて生活をつないだという。また、兄で後に作家となる野尻抱影が編集長となっていた研究社の雑誌『中学生』に、海外の伝奇小説の抄訳や、野球小説の創作を掲載した。一方、仲間と劇団「テアトル・デ・ビジュウ」を結成。畑中蓼坡による民衆座の公演「青い鳥」にも協力・参加した。1921年(大正10年)、ロマン・ロラン『先駆者』を翻訳して出版。また、菅忠雄らと同人誌『潜在』を結成した。東京帝国大学を卒業後は、菅忠雄の紹介で鎌倉高等女学校(現在の鎌倉女学院高等学校)の教師となり、国語と歴史を教える。1922年(大正11年)、外務省条約局嘱託となり、翻訳の仕事に就く。博文館の鈴木徳太郎の知遇を得て、『新趣味』誌にサバチニ、ゴーグら海外の大衆小説の翻訳・翻案小説を書いた。1923年(大正12年)、鎌倉高等女学校を退職。しかし、関東大震災の影響で『新趣味』が廃刊となり、娯楽雑誌『ポケット』誌に移った鈴木徳太郎から時代小説の依頼を受け、ポーの「ウィリアム・ウィルソン」からヒントを得た『隼の源次』を発表。この時に初めて、当時鎌倉市長谷の大仏の裏手に住んでいたことに由来する「大佛次郎」のペンネームを使う。続いて、ゴーグ『夜の恐怖』の舞台を幕末に移した『鬼面の老女』を掲載。これが評価を受け、これに登場する鞍馬天狗という怪人を主人公とする連続もの「幕末秘史 快傑鞍馬天狗」シリーズを執筆する。『ポケット』には鈴木徳太郎が編集長であった3年間に、大佛次郎で鞍馬天狗の他に「天狗騒動記」「からす組」などの維新物の長編、流山龍太郎で「幻の義賊」などの伝奇小説、三並喜太郎で世話物、阪下吾郎で「坂本龍馬」「桂小五郎」など史伝と、約20のペンネームで100編近い時代小説を書いた。1926年(大正15年)、大阪朝日新聞で、初の新聞小説『照る日くもる日』を連載。サバチニの『スカラムーシュ』を下敷きにした同作は、作家の菊池寛より「あれは、君、大衆文学の手を全部使ってあるじゃないか。あれだけ書かれては、あとの者が書けなくなるよ」と絶賛され、連載が始まると3社競作で映画化されるほどの評判となる。また、小田富弥による挿絵の祝儀袋やメンコなども売り出されるなど、同時期に『大阪毎日新聞』に連載されていた吉川英治「鳴門秘帖」と人気を二分した。1927年(昭和2年)、少年向けの鞍馬天狗もの『角兵衛獅子』を発表。これまでの勤皇側に正義を求めるスタイルから、フェアプレイの精神による社会に志向変更し、また、少年読者の視点を取り入れるために杉作少年を登場させ、以後、戦後にかけて長短47篇が書き継がれる。鞍馬天狗は少年たちにとってヒーローとなっていき、さらに尾上松之助や嵐寛寿郎などの主演で数多く映画化され、時代劇の定番ヒーローとしても人気を得る。同年、東京日日新聞に『赤穂浪士』を連載。虚無的な剣客・堀田隼人という架空の人物の目を通して、元禄時代や執筆当時の世相と体制への批判的な視点を持ち込んだことで画期的なものと言われ、単行本化されて数ヶ月で60版を重ねる人気となった。また、四十七士を従来の「義士」では無く「浪士」として捉え、元禄期における柳沢吉保ら新しい勢力と手を組んだ官僚政治への旧来の武士道からの反抗として描き、その後の忠臣蔵の物語にも影響を与えた。この『赤穂浪士』で、1928年(昭和3年)に文芸家協会より渡辺賞を贈られ、また沢田正二郎により新国劇で上演された。同年、「大衆文芸の転換期」を発表し、ラブレー、デフォー、リラダン、アポリネールなどの空想豊かな新文芸を目標に掲げ、海洋冒険小説『ごろつき船』を連載。翌年1月からは題名を『海の隼』と変えて、舞台もシベリアからベトナムまでに拡げたスケールの大きな物語を展開した。1930年(昭和5年)、フランス第三共和政を題材にしたノンフィクション『ドレフュス事件』を発表。ユダヤ人のアルフレド・ドレフュスがスパイ容疑で逮捕されたフランスの冤罪事件を題材にしたノンフィクション文学を創り上げ、この事件を日本に紹介した。1931年(昭和6年)、『鼠小僧次郎吉』を連載。講談などで有名なキャラクターに人間性を盛り込んで大衆文学化に成功した。同年から横浜のホテルニューグランドを仕事場とし、『白い姉』、横浜を舞台にした『霧笛』などの現代小説を発表。一方で、軍国主義の高まりに伴い、『土耳古人の手紙』などのエッセイ、現代小説、西洋ノンフィクションなどを通して時代批判を試みた。1933年(昭和8年)、ロシアのテロリスト・カリャーエフによるセルゲイ大公暗殺事件を描いた『詩人』を発表。日本におけるテロリズム批判の姿勢を表していたが、検閲により大幅に削除されて『改造』に掲載された。また、『時事新報』に「安政の大獄」を連載。当時の小林多喜二獄死や京都大学の滝川事件などの言論弾圧への抗議の意識が込められ、水戸藩士日下部伊三治や井伊直弼家臣長野主膳らを中心に描いたものだが、前半部までで連載終了となった。この頃、カメラに凝り、大森義太郎、沢寿郎、清水康雄らと鎌倉写友会を結成している。1935年(昭和10年)、芥川賞、直木賞の創設に伴い、直木賞選考委員となる。1938年(昭和13年)、日本文学振興会が創設され、評議員に就任。1940年(昭和15年)、文藝春秋社の報道班員として中国宜昌戦線に赴き、また文芸銃後運動講師として満州、朝鮮にも渡った。1942年(昭和17年)、大政翼賛会の支部である鎌倉文化聯盟が結成されると、久米正雄の依頼で文学部長に就任。1943年(昭和18年)末から同盟通信社の嘱託として南方マレー、スマトラなど東南アジア各地を訪問した。1945年(昭和20年)、8月19日に玉音放送の感想「英霊に詫びる」の第1回を朝日新聞に掲載。次いで東久邇宮内閣の参与に招聘され、「新文明建設」という役割を与えられて、復興のための強い意欲を持って準備を始め、治安維持法の廃止、世論調査所の設置、スポーツの振興などを提言するが、内閣は1ヶ月半で総辞職してしまう。1946年(昭和21年)、戦前寄稿していて愛読者でもあった雑誌『苦楽』を復刊。人気となるが、戦後の用紙割当てに絡む出版不況のあおりで経営は悪化。自身の原稿料も運営に充てていたが、3年後に廃刊した。同年、研究社の『学生』の主筆となり、「鎌倉通信」を連載する。1948年(昭和23年)、『帰郷』で日本芸術院賞を受賞。1951年(昭和26年)、初の戯曲『楊貴妃』を書き、尾上菊五郎劇団によって歌舞伎座で上演された。1952年(昭和27年)からは市川海老蔵(後の十一世市川團十郎)のための戯曲『若き日の信長』など、市川海老蔵を主演に考えた数多くの戯曲を執筆し、しばしば演出も手がけた。1954年(昭和29年)、胃潰瘍で入院。1956年(昭和31年)には喉頭癌の疑いで手術し、これを機に禁煙する。1958年(昭和33年)、随筆『ちいさい隅』を連載。自然や環境破壊に対する社会的提言が多くなされた。1960年(昭和35年)、日本芸術院の会員に選出。同年、日本文学と郷土文化の向上に貢献した理由により神奈川文化賞を受賞。また、フランスに渡り、フランスに渡り、パリ・コミューン関係の資料を収集する調査を行い、『パリ燃ゆ』の執筆を開始した。1962年(昭和37年)、第1回科学者京都会議に出席。湯川秀樹らと核実験停止、軍縮、平和運動に加わった。1964年(昭和39年)、多年文学界に尽くした業績により文化勲章を受章。1965年(昭和40年)、『パリ燃ゆ』の完結と多年にわたる文学向上の業績により朝日文化賞を受賞。1967年(昭和42年)、明治100年を記念した朝日新聞の企画で、史伝『天皇の世紀』の連載を開始。1969年(昭和44年)、劇作活動により菊池寛賞を受賞。また、『モラエス全集』によりポルトガル文化勲章を受賞。1972年(昭和47年)5月、中央区築地の国立がんセンター病院に入院。病床でも『天皇の世紀』執筆を続けたが、1973年(昭和48年)4月25日に連載1555回をもって休載。4月30日午後2時7分、転移性肝臓癌のため死去。享年75。没後、業績を記念して朝日新聞社により「大佛次郎賞」が創設された。


大佛次郎(1897~1973)_f0368298_22470322.jpg

大佛次郎(1897~1973)_f0368298_22502673.jpg

『鞍馬天狗』『赤穂浪士』『天皇の世紀』などで知られる国民的作家・大佛次郎。小説・ノンフィクション・批評・劇作と多岐にわたって活躍。中でも『鞍馬天狗』は映画化されるほどの人気を集め、40余年にわたり書き続けられた。新聞小説で地位を築き、気鋭の作家として新聞や雑誌に作品を量産。一方で時代を冷静に見つめ続け、日本社会に鋭い批評を下す気骨の人でもあった。晩年も筆を休めることなく、70歳を過ぎてからから取り組んだライフワーク『天皇の世紀』を書き続けたが、癌は否応なく大佛の体を襲ったのであった。「皆さんの幸福を祈ります」の言葉を絶筆とし、この世から旅立っていった大佛次郎の墓は、神奈川県鎌倉市の寿福寺にある。墓には「大佛次郎墓」とあり、右側面に墓誌が刻む。

by oku-taka | 2021-06-21 22:51 | 文学者 | Comments(0)