人気ブログランキング | 話題のタグを見る

石本美由起(1924~2009)

石本美由起(1924~2009)_f0368298_12323216.jpg

石本 美由起(いしもと みゆき)

作詞家
1924年(大正13年)~2009年(平成21年)

1924年(大正13年)、広島県大竹市立戸に生まれる。本名は、石本 美幸。幼少から喘息を患い、家に閉じこもるような生活を送る。文学に親しみ、なかでも北原白秋やゲーテを読みふけった。1944年(昭和19年)、海軍大竹海兵団に入隊。しかし、すぐ体調を崩して岩国海軍病院に入院。慰問に来た東海林太郎の歌声に戦争に傷ついた兵士たちが瞳を輝かせるのを見て、歌の魅力を知った。戦後、体が弱く就職も出来なかったことから作詞を始め、高橋掬太郎が主宰する歌謡同人誌『歌謡文芸』に投稿を始める。その後、白秋の詩『思い出』の中の一篇「ザボンのかげ」からインスピィレーションを得て、『長崎のザボン売り』という詩を書いて同人誌に投稿。これが作曲家・江口夜詩の目にとまり、1948年(昭和23年)に小畑実の歌でレコード化され大ヒットした。同年、岡晴夫の『憧れのハワイ航路』が大ヒット。このヒットによってキングレコードの専属となり、プロの作詞家となった。入社後は、『薔薇を召しませ』、『アメリカ通いの白い船』といったヒットを発表し、1950年(昭和25年)の暮れには東京へ住まいを移したが、スランプに陥ってしまう。1951年(昭和26年)、作曲家の上原げんとに見込まれ、共にコロムビアレコードへ移籍。上原をはじめ古賀政男、船村徹、市川昭介らの作曲家とコンビを組み、美空ひばり、島倉千代子、都はるみらの楽曲を手がける。特に美空ひばりには『ひばりのマドロスさん』、『港町十三番地』、『哀愁波止場』、『悲しい酒』、『人生一路』などの詞を提供し、ひばり伝説の一翼を担った。1952年(昭和27年)、作詞家を志す後進の育成を目的として、歌謡同人誌「新歌謡界」を主宰。満30年に及ぶ長きに渡っての活動で、ここから星野哲郎や松井由利夫、八反ふじを、たなかゆきをらを初めとする多くの優れた才能が世に輩出した。1983年(昭和58年)、細川たかしの『矢切の渡し』で日本レコード大賞を受賞。1984年(昭和59年)には、五木ひろしの『長良川艶歌』で2年連続の日本レコード大賞受賞という偉業を達成した。同年、紫綬褒章を受章。1992年(平成4年)、中村美律子の『酒場ひとり』で日本作詩大賞を受賞。1998年(平成10年)、勲三等瑞宝章を受章。この頃から糖尿病に悩まされるようになり、晩年は視力の減退を起こし、激しい耳鳴りが頻発するようになった。2007年(平成19年)からは入院を余儀なくされ、2009年(平成19年)5月27日午前0時50分、心不全のため横浜市内の病院で死去。享年85。


石本美由起(1924~2009)_f0368298_12323267.jpg

石本美由起(1924~2009)_f0368298_12323352.jpg

石本美由起(1924~2009)_f0368298_12323318.jpg

戦後を代表する作詞家として歌謡界で長年活躍し続けた石本美由起。『憧れのハワイ航路』、『悲しい酒』、『矢切の渡し』と幅広い時代においてヒット曲を多数生み出し、特に美空ひばりにおいては「歌謡界の女王」として君臨させるに一役を買ったと言っていいほど、多くの代表曲を手がけた。また、星野哲郎や松井由利夫といった後進の育成にも力を注いでいたが、後輩の作詞家・吉岡治が「演歌の世界は石本さんが第一線で活躍していて、自分の入る隙間がなかった」と語っていたのが印象的であった。生涯に3,500もの曲を残した石本美由起の墓は、神奈川県鎌倉市の鎌倉霊園にある。洋形の墓には「石本家」とあり、右側に墓誌が建つ。左側には直筆による『憧れのハワイ航路』と『悲しい酒』の詞が彫られた碑が建つ。戒名は「慧楽院釋醇美」。
by oku-taka | 2020-10-27 18:22 | 音楽家 | Comments(0)