人気ブログランキング | 話題のタグを見る

森川信(1912~1972)

森川信(1912~1972)_f0368298_16191716.jpg

森川 信(もりかわ しん)

俳優
1912年(明治45年)~1972年(昭和47年)

1912年(明治45年)、神奈川県横浜市南区に生まれる。本名は、森川 義信。横浜市立商業学校卒業後、銀行に勤める傍ら、役者を目指して演劇学校に通う。1931年(昭和6年)、遠戚にあたる俳優・静香八郎と共に俳優の道へ進み、赤沢キネマに入社。1932年(昭和7年)、静香主演の『肉弾三勇士』での死体役でデビュー。まもなく、一座を組んで浅草観音劇場で「血煙荒神山」で初舞台を踏む。浅草で芝居を試みるが、浅草演劇界ではエノケンとロッパが君臨していたため、競合を余儀なくされた。その後、踊り子と駆け落ちし、大阪、名古屋、京都、博多など各地を転々とし、結局大阪を活動の拠点とすることで東京の浅草に対抗した。この頃に清水金一、田崎潤、淀橋太郎などを知った。1934年(昭和9年)、「森川信一座」を結成して座長となる。戦時中は大陸へ赴き、各地で慰問も行った。この頃、坂口安吾から絶賛された。1948年(昭和23年)、岸井明と「のらくらコンビ」を組み、コミカルな演技で人気を得た。映画にも『彼と共に去りぬ』『のらくら海浜騒動』『踊る竜宮城』『頓珍漢桃色騒動』などに出演した。1953年(昭和28年)、フリーに転身。1958年(昭和32年)、松竹のミュージカル『水戸黄門』に主演。1960年代以降は、新宿コマ劇場での喜劇も評判となった。また、テレビの誕生とともに、テレビ出演も増えていき、1966年(昭和41年)に江利チエミ主演の『サザエさん』での波平役は代表作となった。1968年(昭和43年)には『男はつらいよ』で主人公の車寅次郎の叔父で、東京・葛飾区柴又で団子屋を営む“おいちゃん”役を演じて好評を博し、その存在が広く知られることになる。同作が映画化されるにあたって森川も続投となり、「バカだねぇ…」の名セリフで日本映画史に残る活躍を見せた。映画シリーズの人気が定着してきた矢先、かねてから患っていた肝硬変が悪化。1972年(昭和47年)3月26日、死去。享年60。


森川信(1912~1972)_f0368298_16191709.jpg

森川信(1912~1972)_f0368298_16191736.jpg

『男はつらいよ』の初代おいちゃん役で知られる森川信。コミカルな動きとセリフ回しは『男はつらいよ』の見どころの一つとなり、「バカだねぇ…」「まくら、さくら貸してくれ」などの名セリフは今見ても爆笑必至のネタである。渥美清演じる車寅次郎とのコンビ芸で人気を博す中、病に倒れて60歳で死去。彼を失ったことはテレビドラマにおいても、日本の演劇においても大きな損失であったと思う。稀代のコメディアン・森川信の墓は、神奈川県横浜市の久保山墓地にある。墓には「森川家之墓」とあり、左側に墓誌が建つ。戒名は「華光院瑞應義信居士」。

Commented by kehi at 2020-12-07 08:35 x
男はつらいよについて調べていたら、このサイトに辿り着きました。
by oku-taka | 2020-08-12 17:27 | 俳優・女優 | Comments(1)