人気ブログランキング | 話題のタグを見る

濱田庄司(1894~1978)

濱田庄司(1894~1978)_f0368298_19113184.jpg

濱田 庄司(はまだ しょうじ)

陶芸家
1894年(明治27年)~1978年(昭和53年)

1894年(明治27年)、神奈川県橘樹郡高津村(現在の川崎市)溝ノ口に生まれる。本名は、濱田 象二。東京府立一中(現在の東京都立日比谷高等学校)在学中にルノアールの言葉を読み、工芸の道へ進む志を強くする。1912年(明治45年)には、銀座の三笠画廊でバーナード・リーチや富本憲吉の楽焼を見て、心を惹かれる。1913年(大正2年)、尊敬していた板谷波山が教鞭をとる東京高等工業学校(現在の東京工業大学)窯業科に入学。板谷に師事し、窯業の基礎科学面を学ぶ。一方、白馬会研究所へ通いデッサンを習練した。この頃、波山邸で山水土瓶を見て、益子の名を知る。1915年(大正4年)、美濃・瀬戸・万古・信楽・伊賀・九谷・京都の窯場を巡る。帰途、京都市立陶磁器試験場に2年先輩の河井寛次郎を訪ね、卒業後就職する決心をする。1916年(大正5年)、同校を卒業。河井と共に京都市立陶芸試験場にて主に釉薬の研究を行う。またこの頃、河井と初めて沖縄の壺屋窯を訪れたり、柳宗悦、富本憲吉、バーナード・リーチなどの知遇を得る。1920年(大正9年)、イギリスに帰国するリーチに同行。共同してコーンウォール州セント・アイヴスにあるリーチ・ポッタリーで築窯する。1923年(大正12年)にはロンドンのパタソン・ギャラリーで最初の個展を開催し、出品約80点は好評を得る。1924年(大正13年)、フランス、イタリア、クレータ、エジプトを経て帰国。しばらくは沖縄に滞在し、壺屋窯で制作。12月には日本での最初の個展を銀座の鳩居堂で開く。以後、東京及び大阪で年次展を開く。1925年(大正14年)4月、柳・河井とともに伊勢への旅行中、雑器の美を称揚する運動について語り合ううちに「民芸」の造語が生まれる。以降、柳、河井らとともに民芸運動を推進した。1929年(昭和4年)、国画会の会員となる。第4回国画展に『絵高麗菓子器』を出品以降、同展へ出品する。1930年(昭和5年)からは深い関心を寄せていた栃木県益子町で作陶を開始する。ほとんど手轆轤のみを使用するシンプルな造形と、釉薬の流描による大胆な模様を得意とし、益子焼の改良発展に尽力した。1953年(昭和28年)、芸術選奨文部大臣賞を受賞。1955年(昭和30年)、第1回の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。1962年(昭和37年)、柳宗悦の死を受け、日本民藝館の第2代館長に就任。1964年(昭和39年)に紫綬褒章、1968年(昭和43年)には文化勲章を受章。1970年(昭和45年)、大阪万博の日本民芸館パビリオンの名誉館長を経て、1972年(昭和47年)大阪日本民藝館の初代館長に就任した。1977年(昭和52年)、自ら蒐集した日本国内外の民芸品を展示する益子参考館を開館。1978年(昭和53年)1月5日、急性肺炎のため益子町の自宅で死去。享年83。


濱田庄司(1894~1978)_f0368298_19113320.jpg

濱田庄司(1894~1978)_f0368298_19113271.jpg

濱田庄司(1894~1978)_f0368298_19530731.jpg

陶芸界の巨匠として君臨し続けた濱田庄司。生活と結びついた工芸品づくりを目指した民芸運動の推進者でもあり、それだけに作品展は彼の新作を求める人たちによって戦場騒ぎになることで有名だった。素朴ながらも力強さを感じさせる作風で従来あった益子焼の改良発展に尽力。益子焼の評価をさらに高めることになった。60年以上にわたり第一線で活躍し続けた濱田庄司の墓は、神奈川県川崎市の宗隆寺にある。3基ある墓域の中で、彼の墓は「南無妙法蓮華経」と戒名が書かれた右端の墓になる。戒名は「久成院妙益陶匠日應大居士」。

by oku-taka | 2020-07-11 20:36 | 芸術家 | Comments(0)