人気ブログランキング | 話題のタグを見る

岡譲司(1902~1970)

岡譲司(1902~1970)_f0368298_21411006.jpg

岡 譲司(おか じょうじ)

映画俳優
1902年(明治35年)~1970年(昭和45年)

1902年(明治35年)、東京府東京市京橋区越前堀(現在の東京都中央区新川)に生まれる。本名は、中溝 勝三(なかみぞ かつぞう)。画家志望であったが、立教大学商科に進学。同学を卒業し、日本蓄音器商会(現在の日本コロムビア)広告宣伝部に入社する。1928年(昭和3年)に部長へ昇進したが、日活宣伝部員の友人の誘いを受けて退社。池田富保監督による大作『維新の京洛 竜の巻 虎の巻』に、島津久光役で出演。「美濃部 進」の名で俳優デビューした。1929年(昭和4年)、日活太秦撮影所現代劇技芸部に正式入社。同社では、おもに現代劇に出演し、同年に徳永フランク監督の『赤い灯青い灯』で主演に抜擢される。以降スター俳優として活躍するが、 1931年(昭和6年)に宝塚少女歌劇団出身の女優・澤蘭子と恋愛および失踪事件を起こし、池田富保監督の『殉教血史 日本二十六聖人』に出演したのを最後に2人とも退社を余儀なくされた。澤蘭子はすでに同年4月に東京の松竹蒲田撮影所に移籍していたが、宝塚の経営者・小林一三の尽力もあって岡も同社に入社。同時に当時の所長・城戸四郎が好きな洋酒の「ジョニー・ウォーカー」をもじって「岡 譲二」と改名した。松竹では、田中絹代、初代水谷八重子らと次々に共演。ちょうどサイレント映画からトーキーの時代に突入した頃で、岡の美声が評判となり、数年のうちに蒲田のスターとなる。とりわけ野村芳亭監督には重用されたが、1934年(昭和9年)の『街の暴風』を最後に野村が急逝。同年、松竹を退社し、協同映画を設立する。1935年(昭和10年)、協同映画を解散し、日活多摩川撮影所に入社。1936年(昭和11年)、入江プロダクション製作、阿部豊監督の『白衣の佳人』に出演した後に初めての徴兵を受け、大日本帝国陸軍少尉として3週間入隊した。1937年(昭和12年)、『検事とその妹』に主演したのを最後に、監督の渡辺邦男とともに日活を退社。京都のゼーオー・スタヂオ、さらにはP.C.L.映画製作所へと同時に移籍する。9月10日の両社合併による東宝映画の設立に際しては継続的に入社し、P.C.L.のスタジオの後身である東宝映画東京撮影所(現在の東宝スタジオ)に所属した。この頃、澤蘭子との内縁関係を解消し、1938年(昭和13年)に新橋の名妓と呼ばれた秀菊(本名・田中都美子)と結婚した。1939年(昭和14年)には2度目の徴兵を受け、1年間大日本帝国陸軍少尉として従軍。同年12月29日公開、滝沢英輔監督の『御存知東男』で映画界に復帰した。1944年(昭和19年)、3度目の徴兵を受け、大日本帝国陸軍中尉として台湾の基隆に駐屯。台北で終戦を迎え、1946年(昭和21年)3月10日に復員。渡辺邦男監督の『命ある限り』で映画界に復帰した。1947年(昭和22年)、東宝争議の勃発を受け、大映と契約を結ぶ。1953年(昭和28年)からは脇に回り、新東宝、東映、大映の各社に出演した。1954年(昭和29年)、安田公義監督の『関八州勢揃い』への出演を機に「岡 譲司」と改名。テレビ界にも進出し、1957年(昭和32年)に横溝正史作品の最初のテレビ化である『月曜日の秘密』シリーズ(日本テレビ)で主演を務める傍ら、自ら脚本も執筆した。しかし、1966年(昭和41年)の映画『五泊六日』、テレビドラマは1969年(昭和44年)2月25日放送の「五人の野武士」(日本テレビ)第21話を最後に俳優を引退。晩年は妻と離婚し、画廊を経営していたという。1970年(昭和45年)12月17日、高血圧による心臓病のため東京都渋谷区代々木の病院で死去。享年68。


岡譲司(1902~1970)_f0368298_21411065.jpg

戦前の大スター・岡譲司。サラリーマンを経て、日活、松竹、東宝、大映と渡り歩き、どの会社でもスター俳優としてヒット作を残した。明智小五郎と金田一耕助の両者を演じた数少ない俳優でもあるが、晩年は芸能界から遠ざかってしまったこともあり、今や旧邦画ファンでしかその名を知らない往年のスターとなってしまった。映画俳優・岡譲司の墓は、東京都港区の青山霊園にある。墓には「中溝家先祖累代之墓」とあり、五輪塔の方に墓誌が刻むが、残念ながら岡譲司の戒名がどれにあたるかは不明である。

by oku-taka | 2019-02-24 22:16 | 俳優・女優 | Comments(0)