人気ブログランキング | 話題のタグを見る

美濃部亮吉(1904~1984)

美濃部亮吉(1904~1984)_f0368298_00410499.jpg

美濃部 亮吉(みのべ りょうきち)

政治家
1904年(明治37年)~1984年(昭和59年)

1904年(明治37年)、「天皇機関説」で知られる憲法学者・美濃部達吉の長男として現在の東京都文京区に生まれる。東京高師附属小(現在の筑波大附属小)、同附属中(現在の筑波大附属中・高)、旧制二高(現在の東北大学)を経て、東京帝国大学経済学部に進学。在学中はマルクス経済学者の大内兵衛に師事し、後期資本主義の危機的状況の諸現象、インフレーションを研究した。1927年(昭和2年)、東京帝国大学経済学部を卒業。東京帝国大学の助手となるが、マルクス主義と処世の両立を安易に信じているような態度で挨拶に行ったことが反マルクス派の河合栄治郎の怒りを買い、母校の経済学部に講師として残ることが不可能になる。1935年(昭和10年)、法政大学経済学部に転出。以後マルクス経済学者として教鞭を振るう。1938年(昭和13年)、人民戦線事件で検挙され法政大学教授を辞任。翌年に信越化学工業の嘱託となる。1945年(昭和20年)、毎日新聞論説委員を委嘱される。同年、終戦と同時に人民戦線事件の件が無罪となる。1946年(昭和21年)、内閣統計委員会委員に任命。事務局長を兼任する。1949年(昭和24年)、東京教育大学教授を併任。1950年(昭和50年)、経済安定本部参与に就任。1952年(昭和27年)、行政管理庁統計基準部長に就任。1960年(昭和35年)、NHKテレビ『やさしい経済教室』の解説者を担当。「美濃部一家」が経済の問題をやさしく解説する経済啓蒙番組として、物価の上昇問題、世界と日本経済の関係、台所の経済などを解説した。1967年(昭和42年)、恩師の大内兵衛に説得され、東京都知事選挙に社会党・共産党推薦で立候補。NHKテレビ「やさしい経済教室」の解説者を務めていたため知名度もあり、また日本社会党を支持基盤とする革新統一候補としての期待も高かったことで、松下正寿(自民党・民社党推薦・立教大学総長)と阿部憲一(公明党推薦・渋沢海運社長)を破り当選。「一党一派にとらわれず、清潔な都政を」のスローガンの下、美濃部スマイルで女性票を獲得したことが勝利につながり、第6代東京都知事として1967年(昭和42年)から1979年(昭和54年)の12年間(3期)に渡って務めた。特に1971年(昭和46年)の都知事選挙では、秦野章(自民党推薦・警視総監)を破り再選。 この時の獲得投票数である361万5299票は、個人の得票としては当時日本の選挙史上最多得票記録であった。都知事としては、建築家の浅田孝をブレーンに、岩波書店社長となる安江良介を特別秘書に「広場と青空の東京構想」を掲げた。また、「対話の都政」を標榜して都民参加の都政を重視し、老人医療費無料化、高齢住民の都営交通無料化、公害対策で企業に厳しい条件を課すなど、福祉、環境政策において様々な施策を打ち出し、国に先駆けて公害・福祉行政に力を入れる行政手法は全国自治体にも大きな影響を与えた。その他にも、歩行者天国の実施、都主催の公営ギャンブル廃止、荒川線を除く都電の撤去等の政策を実現させ、1968年(昭和43年)には当時の文部省が「北朝鮮系在日朝鮮人の基幹教育機関」として認可に懸念を示していた朝鮮大学校について各種学校として全国で初めて認可した。しかし、美濃部が断行した東京都主催の公営競技廃止には、ファンからの苦情が殺到。さらに多くの税収を産み出していた公営競技をなくしたことは左派ポピュリズム政策の増税無しのバラマキ政策を行う東京都の財政にとって負の遺産となった。また、東京都職員の数を増やし、人件費は国家公務員を18.3%も上回って全国最高であったが、公務員の増加、高齢者無償福祉による支出拡大や公営競技の廃止による税収激減など東京都が財政赤字という自体になってしまった。1973年(昭和48年)にはオイルショックが起こり、高度経済成長が次第に鈍化して都税収入が伸びなくなったことで、潤沢な税収に支えられてきた美濃部都政に陰りが見え始める。次第に「バラマキ福祉による都財政破綻」といったイメージがマスコミによって展開され、批判を浴びるようになる。1975年(昭和50年)、3選の都知事選には、部落解放同盟を巡って支持基盤の日本社会党と、解放同盟と激しく対立する日本共産党の間で対立が起こるなどしていたことから不出馬を表明。しかし、石原慎太郎が出馬を表明すると、「石原慎太郎の出馬によるファシズムの復活を阻止する」という理由で3選出馬に踏み切った。結果、石原慎太郎を相手に辛勝するも、3期目は財政問題をめぐり自治省と対立。1979年(昭和54年)には都知事選の不出馬を表明し、都知事を退任した。1980年(昭和55年)、社会党東京都本部などの推薦を受けて無所属で参議院議員選挙に出馬し当選。革新自由連合所属の中山千夏の率いる「一の会」に所属し、後に第二院クラブらの議員との統一会派「無党派クラブ」「参議院の会」代表を務めたが、晩年は病気がちとなっていた。1984年(昭和59年)12月24日、自宅の書斎で心筋梗塞のため死去。享年80。


美濃部亮吉(1904~1984)_f0368298_00410353.jpg

美濃部亮吉(1904~1984)_f0368298_00410328.jpg

12年にわたり東京を牽引してきた美濃部亮吉。高度経済成長期後の東京都政を担い、公害に悩む東京の環境整備に多大な貢献をもたらした。一方で、「一人でも反対があったら橋を架けない」という謎の「橋の論理」でいくつもの道路工事を凍結させ、東京のインフラ整備を大幅に遅らせて社会的損失を生んだ。結局彼がやったことは当時の都民(特に高齢者)だけにすり寄った政策が多く、将来を見据えた政治ができない人だった。そんな美濃部亮吉の墓は、東京都府中市の多磨霊園にある。墓には「美濃部氏墓」とあり、入口左側に墓誌が建つ。

by oku-taka | 2018-09-23 02:03 | 政治家・外交官 | Comments(0)