人気ブログランキング | 話題のタグを見る

野村芳太郎(1919~2005)

野村芳太郎(1919~2005)_f0368298_23465367.jpg

野村 芳太郎(のむら よしたろう)

映画監督
1919年(大正8年)~2005年(平成17年)


1919年(大正8年)、日本の映画監督の草分け的存在で、松竹蒲田撮影所の所長も務めた野村芳亭の長男として京都府京都市に生まれる。生後まもなく東京市浅草区吉野町に移る。父・野村芳亭が松竹の監督で撮影所長も務めていた関係で、京都(下賀茂撮影)と東京(蒲田撮影所)の移転を繰り返す。このため、幼少期は生活の中に映画がとけ込み、生家には何人かの助監督が住み込んでいた等、映画の世界に囲まれた環境下で育つ。1941年(昭和16年)、同年に勃発した太平洋戦争のため慶応義塾大学文学部芸術学科を繰り上げ卒業し、同時に松竹へ入社。翌年には応召され、過酷なビルマ戦線に送られる。1946年(昭和21年)、復員。その後は、家城巳代治、川島雄三らの助監督につき、担当した『醜聞』『白痴』の監督・黒澤明からは「大船には三人の優れものがいた」「日本一の助監督」と評価された。1952年(昭和27年)、『鳩』で監督デビュー。翌年には正式に監督へと昇進。嵐寛寿郎主演の『鞍馬天狗・青面夜叉』を皮切りに、美空ひばり主演『伊豆の踊子』、佐田啓二・岸惠子のメロドラマ『亡命記』など、プログラムピクチャーを器用にこなし、会社の意向に従って喜劇から時代劇まであらゆるジャンルの作品を手掛ける職人監督として活躍した。1954年(昭和29年)、ブルーリボン賞新人賞を受賞。1958年(昭和33年)、松本清張の短編『張込み』の映画化を担当。野村は「最高の状態でなければカメラを回さない」と強いこだわりをもって製作に挑み、下積み刑事と犯罪者の日常をドキュメンタリー的に描いた。これにより、本作は高い評価を受け、映画監督しての地位を確立。以後、ショッキングな描写を伴う社会派的色彩の強いサスペンスを数多く撮るようになり、特に松本清張原作のサスペンスは野村の十八番となった。一方、社会批判を込めた風刺喜劇にも才能を発揮し、無知な貧しい庶民の軍隊を通して天皇制軍隊を批判した『拝啓天皇陛下様』(1963年)、ヒット曲をもとに帰る故郷のない兄と妹の心の亀裂と愛憎を描いた『昭和枯れすすき』といったヒット作も生み出した。1974年(昭和49年)、『砂の器』で毎日映画コンクール監督賞、モスクワ国際映画祭の審査員特別賞を受賞。1978年(昭和53年)、自作『黒地の絵』の映像化を熱望していた松本清張が、映画・テレビの企画制作を目的とした「霧プロダクション(霧プロ)」を設立。野村もこの設立に関わったが、一向に『黒地の絵』を製作しない野村に清張は不満を抱き、6年後には解散となった。一方、この頃からは製作者としても活躍し、森谷司郎監督の『八甲田山』、門下生の三村晴彦監督作品『天城越え』(1983年)、同じく門下生の山田洋次監督作品『キネマの天地』(1986年)などのヒット作をプロデュースしている。1979年(昭和54年)、『事件』『疑惑』でブルーリボン賞監督賞、日本アカデミー賞最優秀監督賞、2度目の毎日映画コンクール監督賞を受賞。1985年(昭和60年)、紫綬褒章を受章。1995年(平成7年)、勲四等旭日小綬章を受章。1992年(平成4年)には吉田剛監督の『復活の朝』の製作総指揮を務めるなど、平成に入っても精力的に活躍していたが、この後に脳内出血を発症し、自宅療養を余儀なくされた。2005年(平成17年)4月8日午前0時15分、肺炎のため東京都内の病院で死去。享年85。


野村芳太郎(1919~2005)_f0368298_23465387.jpg

野村芳太郎(1919~2005)_f0368298_23465475.jpg

ミステリー映画の鬼才・野村芳太郎。松本清張の作品はほとんど野村の手によって映像化され、いずれも芸術性の高い名作揃いとなっている。丹波哲郎演じる今西刑事の執拗な捜査を経て事件の手掛かりを掴んだ瞬間からラストまで怒涛の展開を見せた『砂の器』、それまで清順派な役が多かった岩下志麻のイメージを一気に変えた『鬼畜』、桃井かおりが悪女・鬼塚球磨子を見事に演じきった『疑惑』。この『疑惑』こそ、松本清張とのコンビの結実であり、最高傑作であると思う。そうしたミステリーを撮りながら、天皇制崇拝の軍隊を面白おかしく批判したブラックコメディー『拝啓天皇陛下様』といった名作を生んでいる。ジャンルにとらわれず、父・野村芳亭と同じように庶民に寄り添った作品を作り続けた巨匠の墓は、東京都杉並区の築地本願寺和田堀廟所にある。墓には鶴見俊輔によって書かれた「野村芳亭墓」とあり、右側面に墓誌が彫られている。傍には田中絹代から送られた花立が置かれている。戒名は「映芳院釋顕真」

by oku-taka | 2018-03-05 01:54 | 映画・演劇関係者 | Comments(0)