人気ブログランキング | 話題のタグを見る

佐分利信(1909~1982)

佐分利信(1909~1982)_f0368298_21530798.jpg

佐分利 信(さぶり しん)

俳優
1909年(明治42年)~1982年(昭和57年)


1909年(明治42年)2月12日、北海道空知郡歌志内村(現在の歌志内市)に生まれる。本名は石崎由雄(いしざき よしお)。1923年(大正12年)、歌志内尋常小学校を卒業後、中学校教師になるため上京。水道工事や道路工事などの肉体労働で学費と生活費を稼ぎながら正則英語学校や夜間学校に通うも、卒業することなく郷里で小学校の代用教員となる。半年後には神戸に行き、友人と婦人新聞の発行を計画するも失敗。再び上京して職探しに奔走する。東京に住んでいた兄の家に居候しながら映画を観たりするうち、映画関係の職を志す。1929年(昭和4年)、日本映画俳優学校に入学。1930年(昭和5年)、俳優学校の先輩である小杉勇・八木保太郎を頼って京都に赴き、二人の伝手で日活に入社。監督部入りを望んだが、俳優になるよう勧められて現代劇技芸部(俳優部)に入る。1931年(昭和6年)、内田吐夢監督作品『日本嬢』に島津元の芸名で映画デビュー。続く熊谷久虎監督作品『動員令』では主役に抜擢され、それまでの俳優にない朴訥な演技で注目を集める。1934年(昭和9年)、『さらば東京』で共演した黒木しのぶと結婚。1933年(昭和8年)、『女性陣』を最後に日活を退社。大阪劇団を経て1935年(昭和10年)に松竹蒲田撮影所に入社する。若手スターのいなかった松竹蒲田は、彼を若手二枚目スターとして売り出した。同じ頃、松竹蒲田に在籍していた島津保次郎監督と同じ苗字ではまずいという理由から、駐華公使で怪死した佐分利貞男と画家の佐分真にちなんで佐分利信と改名した。1936年(昭和11年)、島津保次郎監督作品『家族会議』に主演。東京と大阪の株屋の商戦を背景にしたメロドラマで、佐分利は素朴な東京の株屋の若主人を演じ、落ちついた率直な演技で注目される。その後、『男性対女性』、『人妻椿』などで人気を伸ばし、当時同じ松竹の人気俳優であった上原謙、佐野周二と松竹三羽烏を結成する。1937年(昭和12年)、幹部待遇に昇格。同年の島津保次郎監督作品『婚約三羽烏』では、松竹三羽烏を目当てに女性ファンが殺到するほどの人気を集めた。1938年(昭和13年)、幹部に昇格する。大船調メロドラマの看板俳優として活躍する一方、吉村公三郎監督の『暖流』や小津安二郎監督の『戸田家の兄妹』といった誠実で知的な青年をも持ち役とし、演技者として優れた資質を見せるようになる。戦後も引き続きメロドラマに主演するが、キャラクターに合った役に恵まれず、低迷期に陥る。1948年(昭和23年)、熊谷久虎が代表の芸研プロダクションの取締役に就任。俳優の傍ら監督業に進出し、1950年(昭和25年)『女性対男性』を発表。続けて『執行猶予』『あゝ青春』『風雪二十年』『慟哭』と立て続けに発表し、社会性を持ったリアリズムの色濃い作品として高く評価される。一方、俳優としても小津安二郎監督の『お茶漬の味』や『彼岸花』、増村保造監督の『氾濫』などに出演し、朴訥ながら重厚な中年男・初老の男性を演じて演技に円熟味を加えた。しかし、1953年(昭和28年)の『叛乱』撮影中に膵臓壊疽で倒れて監督および主演を降板。二回の手術を受けて一命をとりとめるが、黄疸を併発して再び療養。1955年(昭和30年)の『心に花の咲く日まで』で復帰する。その後、吉岡達夫の小説『オレンジ運河』の映画化を日本初の白黒シネマスコープとして製作する予定でロケハンまで行うが、当時の河野一郎農相の左翼的偏見なる批判などから挫折。1959年(昭和34年)に松竹で製作した『乙女の祈り』を最後に監督業から退いた。1961年(昭和36年)、松竹映画『白い南風』を最後にテレビドラマ界へ進出し、以後はテレビに活躍の場を移した。同年にはTBSと演出家契約を結び、数本の作品の演出を手掛けた。1973年(昭和48年)、熊井啓監督の『朝やけの詩』で12年ぶりに映画に復帰。1974年(昭和49年)の『華麗なる一族』では、傲慢な銀行頭取・万俵大介を重厚感たっぷりに演じ、映画俳優・佐分利信の存在を重々しく印象付けた。その後、東映映画『日本の首領』シリーズや、市川崑監督の『獄門島』などでも貫禄ある演技を見せ、大物俳優として映画界に返り咲いた。1975年(昭和50年)、紫綬褒章を受章。1982年(昭和57年)、体調不良を訴えて東京都板橋区の日大板橋病院に入院。肝臓癌と診断され、すでに手術不可能の状態にあった。延命治療として医師から高カロリー輸液を勧められるもこれを拒否し、同年9月22日午後11時55分に死去。享年73。


佐分利信(1909~1982)_f0368298_21552728.jpg

佐分利信(1909~1982)_f0368298_21553064.jpg

渋みのある演技と圧倒的な貫録で日本映画の黄金期を支えた「サブリどん」こと佐分利信。彼は東京都東村山市の小平霊園に愛妻と共に眠っている。妻の黒木しのぶは、1964年(昭和39年)に肝臓癌でこの世を去った。「劇作家池俊行は記す。『その奥さんが亡くなった通夜のことをいまでも私は忘れない。死体にとりすがって、泣くというよりもう慟哭だった。(中略)霊柩車が火葬場に向かうとき、佐分利さんは車の窓に口づけして、長いこと奥さんとの永別を悲しんでいた』彼はそれ以来、妻の骨壺を墓に埋めずそばにおき、『私が死んだとき、いっしょに墓にいれてくれ』と、子供にいった。」(『人間臨終図巻 下巻』 山田風太郎著 徳間書店)その愛妻の死から18年後、得難い大物俳優としての地位を築いて佐分利信は妻のもとに旅立っていった。佐分利の墓には墓誌がなく、ただ「石崎家之墓」と刻まれた墓石があるのみである。そこには、俳優・佐分利信ではなく、愛する妻と穏やかに眠る一人の男性・石崎由雄の姿が感じられた。


by oku-taka | 2016-10-22 22:45 | 俳優・女優 | Comments(0)