人気ブログランキング |

柏戸剛 (1938-1996)

f0368298_14535259.jpg
柏戸 剛 (かしわど つよし)

力士
1938年(昭和13年)~1996年(平成8年)

1938年(昭和13年)山形県生まれ。本名は富樫剛。小学生の頃から相撲を始め、山形県立鶴岡南高等学校進学後に取り組んだ東田川郡大会で活躍したところ、噂を聞きつけた伊勢ノ海から熱心にスカウトされた。伊勢ノ海部屋に入門後の1954年(昭和29年)、蔵前国技館落成の場所にて初土俵を踏む。1957年(昭和32年)11月場所で新十両昇進を果たし、1958年(昭和33年)9月場所には新入幕を果たす。当時19歳での入幕はスピード出世であり、若秩父高明豊ノ海義美と共に「ハイティーン・トリオ」と呼ばれた。1959年(昭和34年)3月場所から、伊勢ノ海部屋で伝統の四股名「(11代)柏戸」を襲名。この場所では、栃錦若乃花の両横綱と終盤まで優勝を争って13勝2敗、敢闘賞と技能賞を初受賞した。翌5月場所は東前頭4枚目に進み、上位陣初挑戦の場所となったが、2日目から8連敗を喫し、最終的に5勝10敗で幕内で唯一の皆勤しての負け越しになる。9月場所で前頭3枚目まで番付を戻し再び上位に挑戦し、大関を狙った若羽黒栃光の関脇ふたりを下すなど12勝3敗で2度目の敢闘賞、翌場所で新三役に昇進する。1960年(昭和35年)1月場所を東小結で迎えた柏戸は9勝6敗と勝ち越して、同年3月場所には関脇に昇進した。さらに、同年9月場所で大関に昇進すると、1961年(昭和36年)1月場所では13勝2敗で幕内初優勝を遂げた。同年9月場所では12勝3敗で優勝決定戦に進むが、後のライバルとなる大鵬幸喜に敗れて優勝を逃した。それでも、場所後には大鵬と共に横綱昇進が決定し、22歳9ヶ月での昇進で、照國萬藏の持つ最年少記録を大鵬幸喜と共に更新した。歴代の「柏戸」には大関まで昇進した力士がいるものの、横綱に昇進したのは初であった。その後も安定して二桁勝利を挙げていたが、1963年(昭和38年)1月場所で右手首関節捻挫・肝機能障害・蓄膿症により初の休場に追い込まれると、その後はケガや病気によって休場することが相次ぐ。4場所連続休場から再起をかけた1963年(昭和38年)9月場所には、大鵬との千秋楽全勝対決を制して全勝優勝を果たした。この復活劇に日本中が感動し、柏戸本人も支度部屋で号泣するほどだったが、この取組を見た石原慎太郎から八百長疑惑を新聞に投稿された。大鵬自身はビデオ映像を見て自分の驕りだったと感じたものの激怒し、時津風の問いに対して「絶対に(八百長は)やってない」と断言した。これを受けて協会は石原を告訴する準備をしたが、石原側から謝罪を受けて和解した。この騒動を二人で解決に持ち込んだことで、大鵬と柏戸の仲は改善された。このことから「柏鵬時代」と呼ばれ、高度経済成長期の相撲黄金時代を支えた。「巨人・大鵬・卵焼き」と言われ、子供以外に若い女性にも人気だった大鵬に対し、柏戸は男性ファンからの人気が高かったことから「大洋・柏戸・水割り」と評された。その後は病魔によって好不調の波が激しく、休場回数も徐々に増えたため優勝回数が伸びず連覇は無かった。その上、肝臓と腎臓を悪化させてしまい、成績不振も多くなっていった。1969年(昭和44年)7月場所の初日、高見山大五郎に押し込まれて土俵際から叩き込みで辛勝したが、2日目には麒麟児に吊り出しで敗れ、3日目には朝登俊光に左喉輪から一気の押し出しで連敗したことで体力の限界を感じ、現役引退を表明した。あと1勝で幕内勝利数が600勝に達するというところであった。引退後は後援者の薦めで独立して鏡山部屋を創立、スパルタ指導ぶりには定評があった反面、弟子たちには門限も設けないなどの自由な側面もあった。部屋での育成の傍ら、記者クラブ担当を経て審判部長を1982年(昭和57年)から1994年(平成6年)まで12年間も勤めたが、「物言いの際に経過を説明しない」「旭富士正也の横綱昇進を中々答申しなかった」「1993年5月場所千秋楽の若ノ花勝 - 小錦八十吉戦での微妙な勝負に物言いをつけない」など、素人筋からの評判は散々だった。晩年は深刻な腎臓病の悪化で体調不良が多く、週3回で1回につき5時間の人工透析を受け続けた副作用で骨が弱くなり、好敵手だった大鵬に「おい見てくれよ、脚こんなになっちゃったよ」と言っていたという。これを見た大鵬は「少しでも良くなるように」とカルシウム剤を渡したという。しかしその努力も虚しく、1996年(平成8年)12月8日に死去、58歳没。従五位勲四等旭日小綬章 叙位叙勲。

f0368298_14545841.jpg

f0368298_14553004.jpg

墓所は東京都台東区の谷中霊園。正面には「富樫家」と記された墓が建ち、右横に「第四十七代 横綱柏戸」と彫られた墓誌が建つ。戒名「巌鏡院柏樹剛堅居士」



by oku-taka | 2016-07-24 14:59 | スポーツ | Comments(0)